•        

知的障害者の特性と支援研修会報告

 報告が大変遅れて申し訳ありません。去る9月3日(木)に「知的障害者の特性と支援」の研修会を開催しました。講師には元社会福祉法人せたがや樫の木会本部役員及び元日本知的障害者福祉協会通信教育講師の村瀬精二氏にお越しいただき、2回に渡る講義をして頂きました。参加者の中には庄内のご近所様でいらっしゃいますあやめ寮やともにハウスの職員の皆様を始めとして遠い施設職員の方もご参加いただきました。ということでなかなかに盛況な中での研修会となりました。

 なにげに障害者支援は専門職と言いながら専門的とは言いがたい支援をしてしまいがちな状況が日本にはあります。今回の研修会ではそんな専門職としての基本に立ち返るような講義をして頂きました。

 「利用者の方の幸せを追求して考える」「誠意を尽くす」「その方の行動の背景にあることを考える」「その方らしい生活や自己実現の手助けをする」のような基本的な心構えから、「バイスティックの7原則」「SPELLの原則」等、障害特性とその支援の仕方の基本知識までまさに初心に立ち戻る内容でした。我々としても初心を失っていたと痛感した部分も多く、反省しきりといったところです。

 その一方で、これら基本の考えや支援のあり方を忠実に守っている限り、まず間違いのない支援ができるという確信が持てるお話しでした。

 さて、この講義とは別に人手不足が原因で十分な支援が出来ず職員が自信を失いがちである、というお話しをさせていただいた所、村瀬さんから「庄内の利用者の方は笑顔で過ごしている、その笑顔が庄内の職員の皆さんの支援の状態を表している。たしかに十分にはできていない部分もあるかもしれないが、利用者の皆さんは職員が頑張っていることをちゃんと理解しています。自身を持ってこのまま支援を続けて下さい。」とおしゃっていただいたことには大変な励みとなりました。

 講師の村瀬精二さんには長時間に渡る講義をして頂きありがとうございました。講義内容を元に、今後も頑張りたいと思います。

社会福祉法人 杉風会 庄内

埼玉県杉戸町 知的障害者専門入所施設

〒345-0014

埼玉県北葛飾郡杉戸町才羽113

TEL:0480-38-1118 FAX:0480-38-1571
>> 交通・アクセス詳細

お問い合わせ